全国のインプラント関連総合情報サイト

インプラントについて

インプラントと入れ歯の比較

Dentures

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯の二つがあり、一番簡単な治療方法です。
部分入れ歯は残っている歯に金属の留め金を引っ掛けて歯がなくなった部分を回復する方法です。
総入れ歯は留め具などはなく、唾液などで、人工の歯を歯ぐきに固定させます。

手軽に施せるが、デメリットも少なくはない

インプラント治療と比較すると部分入れ歯では周囲の歯に留め金をかけるため、
健康な歯に大きな負担がかかります。
その為周囲の健康の歯を傷めたり、喪失を招く可能性があります。
総入れ歯の場合は留め具などがないため不安定で、外れやすかったり、あごの骨が痩せてきたりします。

総じて不安定で外れやすく、食べずらかったり、硬いものが食べられなかったり
痛みがでたり発音が思うようにできなかったりと様々な問題が出てきます。
さらに長期間使用することによにあごの骨が失われていくため噛む力が弱くなってきます。
また、入れ歯の掃除も大変な為、材質によっては臭いがついてしまい、口臭の原因となることもあります。

入れ歯の良さとしては治療が簡単で、短期間が歯の機能を回復することができます。
材質にもよりますが保険診断の範囲内となるので治療費が安いというメリットがあります。

総論として、入れ歯はインプラントと比較すると即効性があり、安価でできるが、
しゃべりにくい、噛みずらいなどまた外れやすいと様々は弊害があります。

  • 口コミ一覧
  • インプラント用語集

人気ページランキング

  1. 実績数で選択!
  2. インプラントって?
  3. インプラントの歴史!?

事前に確認!医院を選ぶチェックポイント

インプラントについて