全国のインプラント関連総合情報サイト

インプラントについて

インプラントとブリッジの比較

Bridge

ブリッジとは失った歯の両隣の歯を削り、その両隣の歯を支柱として、そこに橋を渡すように人工歯冠をかぶせて固定する治療法です。
固定されるため、噛み心地に不便さや違和感が少なく、見た目も素材によってはきれいに仕上げることができます。

ブリッジを選ぶには条件が

インプラント治療と比較すると失った歯の支柱となるものが両隣の歯になる為
両隣の歯を健康な状態であっても大きく削らなければなりません。

さらに支柱となる両隣の歯は失った歯の分の噛む力を支えなければならず、
大きな負担がかかり、そのため支えである両隣の歯の寿命は短くなってしまう傾向があります。
インプラントは失った歯を1本の歯として独立しているのに対し、
ブリッジは残った歯の支えが必要になります。

ブリッジの良さとしては被せ物の人工歯冠はぴったりと固定されているため
支えとなる歯が健康で、十分な強度がある場合は、天然の歯と比べても違和感は少ないと思えます。 審美面でも健康保険で定められた形状、材料以外の素材を選べば天然歯のようなきれいになります。

費用面に関しても保険適用内で治療を行えば安価に行うことができ、
治療期間もインプラントと比較して短いです。

総論としてブリッジはインプラントと比較すると治療期間が短く、保険適用内であれば安価にできますが、 健康である他の歯を削り、寿命を短くしてしまう可能性があります。

  • 口コミ一覧
  • インプラント用語集

人気ページランキング

  1. 実績数で選択!
  2. インプラントって?
  3. インプラントの歴史!?

事前に確認!医院を選ぶチェックポイント

インプラントについて